選抜予選、異変が続々と起こる


選抜予選では、異変が起こっている。
勿論、今年の夏の甲子園出場校が、
すんなりと地方予選大会出場を決められるわけではない。
しかし、ここまでの異変は、極めて珍しい。

まず、夏の優勝高、前橋育英が、県大会初戦で敗れた。
ちなみに、エース登板は、四回からであった。
次に、春の準優勝校であり、選抜にも出場し、全日本にも選ばれている
安楽投手がいる済美高校も一回戦で敗退した。
ちなみに、三回四失点で降板しており、肘の不調を訴えている。

次は、PL学園や桐蔭学園よりプロ野球選手を最近排出している強豪高、
大阪桐蔭高校の敗退である。

大阪は、神奈川と並び、全国屈指の激戦区と言われる。
事実、この両府県は、プロ野球選手が多い。
また、リトルリーグも素晴らしい。

なんと四回戦で敗退したのである。
しかも、コールドである。
相手は、履正社という事もあり、負けてもおかしい相手ではない。
しかし、この点差は、実力差以上である。
ちなみに、春夏四期連続で甲子園出場していた。

最後は、春の優勝高、浦和学院の敗退である。
延長11回を戦ったが、敗れた。
まだ、三回戦であった。
ちなみに、夏の準優勝校も秋の大会一回戦で敗れている。

つまり、一昨年優勝高、昨年、今年の春夏優勝、準優勝高校が、
来年の選抜には出場しない。
しかも、シード校でありながら、大阪桐蔭、浦和学院外の三校は、
初戦で敗れている。

ここまで波乱が多い選抜予選は、かつてないだろう。
ちなみに、一昨年の春夏準優勝校、光星学院と健大高崎は、選抜の可能性を残している。